お問い合わせはこちら

前ページに戻る 商品詳細はコチラ

Rebodyのバックスタンドボディ

Quality, Usability, Beauty

着せ付け時、スタンドボールがウエアの邪魔にならないバックスタンドボディです

ディスプレイにおいてスタンドボールがボトムの中を通らないバックスタンド構造が、自然なボトムのシルエットを生み出します

ボディラインは、カジュアルからフォーマルまで、オールマイティに対応するスタンダードフォームです

ディスプレイに携わる人たちへの、機能的な使いやすさを追求しました

美しいシルエットを実現

ウェアのシルエットを重視し、ボディをスタンドから取り外すことなく、ディスプレイできます。
ウェアのボリューム・重量によって起こりがちなボディの前後の傾きも金具の角度調整のノブネジで、簡単に調整可能です。

簡単に傾きの微調整が可能

Bodyのバックスタンドは角度調整が可能です。衣料品の重量によって生じる製品の傾きを微調整することが可能です。(PAT.)

ReBodyのコンビネーションボディ

Quality, Usability, Beauty

コンビネーションボディは、シーンやシチュエーションによって多種対応。

ひとつのボディでスタンドを交換することにより、フロアスタンド仕様にも、バックスタンド仕様にもなる兼用ボディです(PAT.)
フロアボディとバックスタンドボディの両方に展開できる画期的な構造です

フランジ(受け具)が3個付いているので、バックスタンド仕様にした場合、両サイドのフランジがフリーになります
そのフランジを利用して、アタッチメントとしてレッグパーツの取り付けが可能です

多様なシーンに対応

■着せ付けを頻繁に行うシチュエーションでは機能的なバックスタンド仕様で

360°展開して全身を魅せるシーンではフロア仕様で

■360°展開して全身を魅せるシーンではフロア仕様で

フランジ脚は簡単に脱着
フランジ脚の取り付け図

■フランジ脚の取り付け図

多様なフランジ構造

■兼用フランジ構造

■兼用フランジフロア使用例

■兼用フランジバックスタンド使用例

前ページに戻る 商品詳細はコチラ