お問い合わせはこちら

  1. HOME
  2. ReBodyについて

環境への取り組み

「熱可塑性樹脂」の最大の利点は、融点温度に加熱する事により、樹脂の再利用が可能である事です。
資源のリサイクルはほとんどこの熱可塑性樹脂が主流となっています。


社会的なビジョンに取り組む姿勢。

『ReBody』製品は「熱可塑性樹脂」による成形を主体として、独自の金型製作の技法を持ち、製品の機械成形・仕上げ加工・組立てにいたるまで一貫して制作しております。
一貫生産ラインの利点として、部材の再利用・塗り替え・張り替えによるリユース、場合によっては資源の再利用も可能です。
さまざまな、環境対策が求められている現在において、以前から培ってきた、このシステムは改めて誇る事ができる技術です。

『ReBody』は一つの金型により、数種類の熱可塑性樹脂素材による製品製作が可能です。
ABS樹脂は、溶剤との相性がよく多種多様なカラーリング塗装が可能です。
PE樹脂は、優れた光拡散性を活かし、照明を入れた電飾トルソ、そしてPE樹脂の特性を生かし、多種多様なファブリックの縫製が可能です。 作り上げた金型は長期間の成形が可能となります。また、熱硬化性樹脂であるPU樹脂は高分子ウレタン結合により形成され、柔軟性の特性を活用したウレタンモールドドールはフレキシブルな演出に効果的です。

『ReBody』は登録商標でございます。

ReBodyの生産ポリシー

ReBodyの生産ライン

熱可塑性樹脂素材について

ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)熱可塑性樹脂

ダイレクトブロー成形とインジェクション成形の原料。
耐衝撃性や成形性に優れている汎用性樹脂です。
ラッカー塗装との相性が良く、多彩なカラーバリエーションが展開できます。

PE(ポリエチレン)熱可塑性樹脂

ダイレクトブロー成形とインジェクション成形の原料。
エチレン結合をもつ非常に安定性の高い合成樹脂です。光拡散性に優れており、電飾トルソにも活用しております。
リサイクル性に優れた汎用性樹脂で、ファブリック加工ができます。

PU(ポリウレタン)熱硬化性樹脂

ポリウレタン(PU)とはウレタン結合を有する高分子化合物です。
非常に柔軟性のあるフレキシブル素材です。



注:リサイクルにかかる費用・梱包費・物流コスト・追加物・改造費は全て有償となります。